ネットカジノは本当に安全なのか

インターネットでギャンブルが楽しめるネットカジノは、実際にお金のやり取りをするので本当に安全なのか気になる人もいると思います。日本では競馬や競艇などのイメージはよくなってきていますが、それでもギャンブルと聞くと眉を顰める人も多いのも確かです。それはカジノ自体が日本では禁止されていて、ルーレートなどで賭け事をしているということは、裏で暴力団などとつながっているイメージがあるからだと思います。

しかし海外の企業が運営しているカジノは、その国や自治体からライセンスを取得して経営をしています。国が正式に発行しているライセンスになるので、許可を得るためには非常に厳しい審査を受けています。つまりライセンスを持っているということは、安全で信頼できるということになるのです。ライセンスにもランクがあるので、ネットカジノのサイトを見るときにはどの国から正式に認められているのかを確認しておくと安心してゲームを楽しめます。

オンカジ最新記事はこちらで確認!→うわさの東京カジノプロジェクトの裏技攻略法!(ブラックジャック)

特にイギリスをはじめとしたヨーロッパ諸国のライセンスは、審査も厳しいことでも知られているので安全です。サイトを見た時にライセンスが見つけられないようなところは、安全性が確実でないので避けたほうが良いでしょう。

安心して楽しめるネットカジノの魅力

ネットカジノの魅力、それはお家にいるのにまるでラスベガスのカジノにいるかのような高揚感を味わえることです。ネットの世界の中で、心理ゲームを行うことができるためおカジノ好きな方にはもちろんのこと、カジノをあまりやったことがない方でも楽しめます。また、サウンドやグラフィックといったカジノの世界観を再現するシステムの部分が向上しているのも大きな魅力です。ラスベガスに行くことができなくても、お家にいるだけでラスベガスのカジノの雰囲気を味わうことができます。カジノの世界観をネットの世界に持ってきただけのものと認識される方がいるかもしれません。しかし、ネットカジノは本場のカジノとは違う部分もあります。ネットカジノは安全に稼ぐことができるギャンブルの一つとして確立してきています。

カジノなのに安全というのは少し違和感を与えるかもしれません。しかし、ネットカジノは楽しみ方によっては本場のカジノよりも安全なものであると言えます。カジノにおいて一番の損失となるのが負けた時です。しかし、ネットカジノではどう元の取り分が非常に少ないため、フェアな環境下で勝負をすることができます。つまり、負けた時はすぐに退き、勝っている時に勝負をするという風に決めていれば安全に楽しむことができます。この安心して楽しめる環境も魅力の一つです。本場のカジノであれば負けた時にさらに追加で勝負してしまうことがあります。その場の独特な雰囲気が勝負させてしまうのかもしれません。しかし、ネットの中でも勝負であれば周囲の雰囲気に左右されず冷静な判断が可能なので、安心して楽しむことができます。
オンカジマニア「オンラインカジノで勝ち続ける人の性格(秘密の必勝法)」のブログ記事はこちら

ネットカジノは安全に楽しめるだけでなく、稼ぐこともできます。他のギャンブルと比較しても非常にペイアウト率が高いため、稼ぐやすいギャンブルであると言えます。ネットカジノでは勝負の度にお金を支払うのではなく、最初の段階である程度入金することになります。このシステムが自分に冷静な判断を与えてくれます。通常のカジノよりもお金の管理を自分で行うことができるため、勝負所を見極めやすくなります。本場のカジノでは熱くなってしまい、大敗する方も少なくありません。熱くなってしまうと自分の所持金を上手にコントロールすることができなくなってしまいます。カジノにおいて重要なのは勝負所で冷静な判断を行うことです。雰囲気に流れやすいカジノよりもネットカジノの方がその点では魅力的だと言えます。

ネットカジノを安全に利用するために知っておく

ネットカジノはパソコンや携帯を使ってオンライン上で実際の本場のカジノのようにリアルなギャンブルを行うカジノを取り扱うサイトのことです。最近はネットカジノに女性もたくさん利用者がいます。インターネットに接続することができる環境ならいつどこでもプレーすることができます。
たくさんのオンラインカジノの会社が上場企業としてサイトを運営しているところも増えてきています。少し前までは英語対応のものしかなかったのですが、完全に日本語に対応したものや日本人サポーターの採用など日本人向けのオンラインカジノが増えています。オンカジマニア「ベラジョンカジノの全てを教えます」のブログ記事はこちら
ですが気をつけなければいけないこともあります。たとえばオンラインカジノやそのプロモーションなどを紹介している宣伝サイトには気をつけましょう。また、ネットカジノのランキング、根拠のない偽の攻略法や必勝法などもあるのでその情報に踊らされることがないようにすることが大切です。

ネットカジノは安全なところを選んで行うことが大切です。またユーザーにとってメリットがあること、安全だけど最新のものであることなども確認しておきましょう。
ネットカジノは会社によって特長も一長一短だといえます。なので実際に少しだけ楽しんでみて、自分に合っていると感じたら挑戦してみるのもいいです。カジノはギャンブルなので稼ぐことができるか、それとも負けてしまうかは運次第というところもあります。そのことも理解してやってみることが大切です。
たとえば、ブラックジャックやバカラはゲームの特徴をきちんと知っておくことでかなり勝ちやすいゲームです。
最近は楽しんで遊びながら稼ぐことができて、さらに贅沢な特典も新規登録する時に応募できるネットカジノをはじめる人が増えているということです。
ネット家事のを楽しみたいけれど悪質なサイトは利用しないように気をつけることが大切です。

悪質なネットカジノを見分けるときには、有名なライセンスやソフトウェアを利用していない、ウェブサイトのつくりが安っぽい、誤字脱字が多い、運営会社に関する情報がどこにも載っていない、サポートが無視したり連宅先がまったく載っていないなどのサイトは絶対に利用しないようにしましょう。
また海外のサイトではなく日本のサイトなら安全だろうと考える人もいますが、それも気をつけなければいけないです。良質なネットカジノを利用したいときは、実績があり評判が高いカジノの遊ぶということです。ライセンスや外部監査機関はあくまでも目安です。そのカジノを利用したことがあるプレイヤーの生の声が最も信用できる情報だと考えましょう。

ネットカジノの危険性については知っておくべき

ネットカジノは、カジノですから、単純なゲームではありません。お金がかかっている以上、いかにゲーム画面でプレイをする物であってもギャンブルです。このことをまずは認識しておく必要があります。ネットカジノは、パソコンやスマートフォンなどから簡単にアクセスをすることができます。そして、きちんとした会社が運営しているところであれば、プログラムの不正や払い出しが受けられないといった被害はありません。その手意味で言えば、きちんと吟味さえすれば危険性はないといえます。しかし、問題はそこではなく、どこでも遊ぶことができるという点にあります。簡単にギャンブルがどこでもできるため、のめりこんでしまいやすいという危険性があります。これは、誰しもに当てはまることなので、注意をしておくべきポイントです。

ネットカジノの中には、そもそも許可を得ていないで運営をしているところもあります。もちろん、これは違法行為であり、カジノ合法国においても罰せられることです。こういったカジノを利用することは、単純に危険です。そもそも、許可を得ることができないからこそ無許可で営業しているわけです。そういったところは、お金を集める事だけを目的として営業しているため、プログラムにいかさまが合ったり、あたってもお金を引き出すことができなかったりします。つまり、こういったところを利用すると、被害に遭ってしまいやすくなります。そのため、こういったところは絶対に利用しないことが重要です。老舗のネットカジノで営業年数も長いような世界的に有名なところであれば、ライセンスをしっかりともらって営業しているので安全です。

やるならしっかりと自己管理をしたうえで行うべきです。これができなければ、手を出さない方が部案です。日本では、パチンコ屋がいたるところにあり、それによる依存症問題が社会化していますが、ネットカジノはそれ以上に危険性があるものです。それは、24時間、自宅でも外出先でも、インターネット接続があればプレイすることができるので、のめりやすいからです。ネットゲームにのめりこむ人がいることを想像すると、これは容易に考えることができます。しかも、ネットカジノの場合はギャンブルですので、のめりこんでしまうと多額の損失を被ってしまう可能性があります。そこで、もし遊ぶのであれば、きちんと節度を持って、一定額以上、一定時間以上はプレイしないというように、自制するようにした方が良いです。
オンカジ最新おススメの情報はこちら「セブカジノホテルランキング&比較評判

オンラインカジノは安全に遊べるのか

オンラインカジノはリアルなお金を賭けてゲームが楽しめるギャンブルになるので、利用するのに本当に安全なのか心配になる人もいると思います。オンライン上でのやり取りになるので、クレジットカードや銀行口座の情報を入力してしまうと個人情報の漏洩なども不安に感じるかもしれません。

特にオンラインカジノを運営しているのは海外の企業だから、トラブルになった時は大丈夫なのかというのも、やりたいけれどなかなか踏み出せない理由の一つだと思います。
オンラインカジノの安全性は非常に高くて、情報漏洩といったトラブルも世界中でほとんど起こっていません。それは運営をするためには情報の取り扱いや健全性などを国に厳しく審査されているからです。

インターネットで気軽に遊べるのですが、サイトを運営するためには国に審査をされてライセンスを取得する必要があり、トラブルを起こした場合はライセンスをはく奪されてしまう可能性もあるために、非常に良心的で健全な運営をしているところがほとんどです。
オンラインカジノ初心者必見!目指せ!オンラインカジノで副業生活(ギャンブル)の記事はこちら

ただ気を付けなければいけないのは、中には無許可で営業をしているところもあるということです。オンラインカジノを安全に利用するためにも、きちんとライセンスを取得しているかを最初に確認しておきましょう。

オンラインカジノは治安を気にする必要がない

オンラインカジノは、オンライン上で楽しむカジノです。リアルな空間ではありませんが、実際にサイト内でお金をかけてゲームを行い、買った場合に事前に決まった配当をもらうことができます。配当は、ゲームの種類やBETによって異なります。一般的なカジノは、現地まで行かなくてはなりませんし、治安も一般の街に比べて悪いので、対策が必要になります。その点、オンラインカジノは自宅で楽しむものですから、治安を気にする必要がありません。自宅なら安全ですが、オンラインカジノは実際にカードや機材を使ってゲームを行うのではなく、プログラミングされたゲームで遊びますので、信頼性についてはよく調べたうえで利用しないといけません。中には、ライセンスを持たずに運営しているところもあり、そういったところは利用すると危険です。入金できても払い出しができないということもあり得ます。したがって、事前に調べたうえでゲームを行うようにしましょう。

ライセンスは、オンラインカジノ合法国の政府が発行します。一応は審査をしたうえで、それにパスした場合に発行されます。ただし、ライセンスが発行されていれば必ず信頼できるとは限らない点には注意が必要です。発展途上国では、ライセンスの発行をすることによって得られるライセンス料やゲーミング税を財源にしようとして、緩い審査をしているところもあるからです。当然ですが、厳格な審査をしたうえで運営されているところの方が、不正がありませんので安心することができます。EU系は、特に安心することができます。こういった情報は、一般サイトで解説しているので、参照して利用先を選ぶようにしましょう。

オンラインカジノでは、必ず勝てるという保証はありません。偶然の事象によって結果が左右される遊びであるからです。ただし、負けにくくするための方法というものはいろいろあります。有名なのはマーチンゲール法でしょう。これらも理論上は必ず勝てる方法だとしても、そのためには投資金額が莫大になるなど、実際問題必ず勝てる方法であるわけではありませんが、適当に遊ぶだけに比べれば少しは勝ちやすくなります。これについても、解説しているサイトは多いですから、参照すると良いでしょう。オンラインカジノで化けないためには、とにかく負けに行かないということが重要です。そのためには、しっかりと理論武装をしたうえで勝負に臨むことが大切になります。
オンカジマニアブログの記事「ブラックジャックを確率論&運で攻略!優位性を保つプロのかけ方」はこちら

オンラインカジノと治安悪化の関係について

オンラインカジノは治安悪化を改善する効果があります。現実にカジノを建設すると周辺地域の治安悪化が予想されます。しかしオンラインカジノはあくまでインターネット上に存在するものなので現実社会に治安悪化をもたらすことはありません。実際にカジノがある国や地域で現実の施設を閉鎖してオンライン化すれば治安悪化に歯止めをかけることができます。日本ではカジノ建設を認める法案について議論されています。実際にカジノが建設されれば雇用や税収が増える反面、周辺地域に治安悪化をもたらす可能性が存在します。現実のカジノよりもオンラインカジノの方が治安悪化をもたらさないので合理的です。日本国内では競馬や競輪、競艇など特別に認められた賭博行為だけが合法とされています。海外のオンラインカジノにアクセスすることについては明確な法規制がなくグレーゾーンです。
オンカジマニアブログの記事「オカダマニラベイリゾーツカジノホテル(フィリピン)」はこちら

日本からも多くのユーザーがアクセスしてゲームを楽しんでいます。一方2016年には千葉県でオンラインカジノのユーザーに決済サービスを行っている運営会社の運営者が逮捕されました。同時にユーザー数人も略式起訴されていますがそのうち何人かは争う姿勢を見せ、最終的には不起訴処分となっています。この事例では決済サービス会社の運営者が逮捕されましたが、国内で決済サービスを行っていたため実質的に賭博場を開帳したのと同様の状態にあったことが理由です。海外にあるサイトが世界中の人々を顧客とする場合には法的に問題ありませんが、日本人のみを顧客とする場合には違法と判断されます。

現在インターネット上に存在するオンラインカジノの多くは各国政府からライセンスを受けて活動しています。顧客も日本人だけではありません。イギリスやアイスランド、パナマ、フィリピンなど世界各国の政府ではユーザーがオンラインカジノで安全に遊べるようにライセンス制度を設けています。サイトがライセンスを受けるためには厳格な基準を満たし審査に合格する必要があります。さらに審査に合格しただけでなくライセンスを維持するには抜き打ち検査なども受けることが必要です。
各国政府からライセンスを受けているサイトでは十分な資金力や運営能力、公正にゲームを行う仕組みなどが厳格に審査されているので安全性が保証されます。日本国内から海外のオンラインカジノにアクセスすることについては法的な規制がないため合法として扱われています。厳格な審査を通ってライセンスを取得し海外に存在するサイトであれば、安心して遊ぶことができます。

安心なオンラインカジノの業者選び

オンラインカジノは日本人が利用しても違法という訳ではありませんが、基本的に日本ではカジノなどの賭け事は禁止されていますので、その意味で言えばオンラインカジノはグレーゾーンと言えます。その為、参加するのは良いですがトラブルが起きても全て自己責任になります。ですので、まずはオンラインカジノを行う業者選びが重要になりますので、ここではオンラインカジノができる安心な業者の選び方をお伝えしていきます。

まず安心な業者かどうかの確認には政府公認のライセンスを取得しているのかどうかになります。この政府公認のライセンスとは当然日本国内での話ではなく、その会社が運営している国や運営対象となる国のライセンスで、取得する為には運営企業の経歴や経緯、現状、背後関係など様々な審査を受ける必要があります。またライセンスを取得している国によっても信頼性は異なり、例えばイギリスやジブラルタル、マルタ、キュラソー、フィリピンなどは取得の審査が厳しいので、取得していると信頼性が高い業者と言えるでしょう。一方でパナマやコスタリカなどの中南米の国のライセンスはライセンス料さえ支払えば取得できるので、そのようなライセンスを取得している業者は信頼度が低くなります。

次にオンラインカジノと言えば不正な運営が付き物なので、ゲームに不正や偏りがないかのチェックも重要なポイントになります。そのような不安や疑問点を取り除いてくれるのが監査機関による監査認定です。この監査認定は大きく分けると2つに分けることができて、それはプログラムに不正や人為的な影響がないかということと、払い戻し、いわゆるペイアウト率は正当なのかということで、これには2つの代表的な団体があり優良なオンラインカジノであれば、ほとんどがどちらかの監査を受けています。1つはロンドンに本社を構える「eCOGRA」で公平なゲームやプレイヤーの保護、ペイアウト率の調査などを行ってくれます。もう1つはカナダに本社を構える「TST」で主にソフトフェアの公平性をチェックしてくれる機関になります。
オンカジおススメ情報はこちら「1.富裕層が注目!オンラインカジノとは?

このようにオンラインカジノはインターネット上で簡単に楽しむことができる一方で、業者の不正も横行している業界でもありますので選び方は非常に重要になります。まずは政府公認のライセンスを取得しているのか、そして取得している国のライセンスは信頼性が高いものなのか確認しましょう。それに加えて公平なゲームが行われているのかも確認するとより安心なゲームを楽しむことができるでしょう。

のぶきのように安心できるカジノ

オンラインカジノの中には、のぶきのようにスマホに対応しているサイトもあるので、場所や時間が左右されずに楽しめるのが魅力です。入金方法としては、クレジットカードをはじめ、エコペイズやアイウォレットなども使えて便利です。ゲームの種類としては、スロットやルーレット、そしてオーソドックスなカードゲームが豊富に揃ってます。中でも、カードゲームでは、美人ディーラーと楽しめるものもあり、本場の臨場感を味わえます。スロットではジャックポットもあるので、一攫千金を狙えるチャンスが生まれます。また、スロットプレイでは、初回ボーナス特典が付いてくるので、初心者は無料でプレイすることが出来ます。その他、テーブルゲームでも無料プレイがあるので、ゲームになれることができます。

オンラインカジノには出金制限が設けられいますが、それはマネーロンダリングを防止するためです。その為、ボーナス特典を受けても、入金額相当のベットをしなければ、出金をすることが出来ません。マネーロンダリングは、資金洗浄とも言われており、犯罪などによって得られたお金を、出処を隠す目的で一般市場で使用することです。最近では、ランドカジノにおいてマネーロンダリングが問題になっており、当局と経営側が対策に頭を悩ませています。一方、オンカジの場合は、入出金の経路が明確になっていることに加えて、出金制限を設けることで、二重三重の防止対策が施されているわけです。また、オンカジのライセンスを更新するには、取引内容を開示しなければならないので、不正ができない仕組みになっています。

通常、オンラインカジノではマネーロンダリング防止対策として、入金額を自由に引き出すことが出来ません。但し、入金額と同額のベットをすることで、出金できるようになります。一方、ベラジョンカジノの場合は、残高に残っている入金分を自由に引き出すことが可能です。通常、オンカジで獲得した賞金は、日本では一時所得となります。年間の収支が20万円を超えた場合は、所得税の申告対象となります。インターネットの接続料金やパソコンの購入費用などは経費として申告できます。オンカジの負け越しに関しては、他のギャンブル同様、所得税の控除が認められことは明確になっていません。但し、会社組織で取引の詳細を残していれば、のぶきのように経費として認められる可能性はあります。その為には、信頼性の高い取引実績が必要になります。
東京カジノプロジェクトの裏技攻略法(ブラックジャック)」こちらもどうぞ

ネットカジノの危険性を払拭するIR情報とは

日本でのネットカジノのユーザーがここ数年で急速に増えています。その背景には、カジノ法案がニュースなどで話題となったことから、実際に日本にカジノがオープンするまでに、カジノゲームをマスターしたいという人も増えているということが挙げられます。しかしながら、それと同時に様々な憶測がネット上を中心に飛び交っているのも事実です。特にネットカジノについては、その危険性を指摘する人も少なくありませんが、一方では「確実に稼げる」といった情報もあり、何が正しくて何が正しくないのかわからないという人も少なくありません。少なくとも、ネットカジノの危険性については、条件付きで心配ないと言えます。というのも、大手運用サイトについては、運用歴も長く、サイトを開設する際にはその国のライセンスを取得しており、税金も支払われていますので安全だと言えます。ただし、一部の悪徳サイトについては危険性がありますので、口コミサイトなどでよく確認しておくことが大切です。

また、実際にネットカジノを利用する場合にはアカウントを取得して、決済方法を選択しなくてはなりませんが、ここの危険性を指摘する人もいます。決済方法については、銀行振込も可能ですが手続きが面倒であることから、クレジットカードか電子マネーが一般的です。もちろん、クレジットカードで問題ないのですが、海外のサイトであるため、認証しないものがあるのも事実です。そこで、セキュリティ面も含めると電子マネーがお勧めです。電子マネーを運営しているウェブサイトにアカウントを登録し、電子マネーに入金するためのクレジットカード情報、電子マネーから出金するための銀行口座を開設すれば使用できますので、ネットショッピングなどにも利用できて便利です。
オンカジブログ記事確認しましたか?「オンラインカジノで勝ち続ける人の性格(秘密の必勝法)

企業の信用性を図るためにはIR情報を確認する方法があります。そもそもIR情報とは、Investor Relationsの略であり企業が投資家に向けて発信する情報のことであり、具体的には株価に影響されると思われる業績や新製品の情報などがあげられます。これは、企業の株価が公正な評価を受けることを目的とするものですから、IR情報を確認すればその企業の健全性が図ることができます。そこで、ネットカジノのIR情報の取得方法ですが、公式ホームページや知りたいネットカジノの「運営会社名+IR情報」としてネット上で検索することで確認できます。今後、さらにネットカジノは日本国内でもユーザーが増えていくことが想定されますが、IR情報などを確認して安全な運営サイトで楽しみたいものです。