オンラインカジノと暴力団対策の関係とは

日本でもカジノを合法的に行おうという方針は強まっています。そのため、政府が様々な対策を打ち出して、特に暴力団を排除しなければならないという方針を強く打ち出しています。昔からから賭け事と言えばヤクザ、暴力団が登場して場所代を奪い去っていくものと相場は決まっていました。オンラインカジノブログ「カジ旅のススメ」の記事はこちら 日本政府、警察がピリピリと神経を尖らせるのも無理はありません。

日本では、カジノを統合型の大型リゾート施設の一環として考えていて、ただし、その規制方針としては、運営法人の財務状況が健全なものかどうか、役員の交友関係も詳しく調査して、カジノは免許制でしかも更新が必要という、厳しい審査制度になりそうです。こういった形で所轄官庁や警察が暴力団対策を行うことは一定の効果があることが見込まれます。

さて、日本で裏カジノとして摘発された、実際にカジノを開帳していた例もありました。広島県福山市、新宿区歌舞伎町では常習賭博開帳、常習賭博罪として賭場側も客側も検挙されたという実例があります。裏カジノは、店長は名目だけでしょうから、末端の従業員や店長を捕まえたところで、背景にいる金主の多分暴力団員は全く追及を受けることもなくぬくぬくとしていたのでしょう。

海外に本社があるオンラインカジノも、警察当局は、マネーロンダリングに利用されはしまいかという懸念があるようです。実際のところ、海外に本社があり、海外で運営されているオンラインカジノに日本の暴力団が胴元側に進出するのは、ほとんど可能性はないでしょう。どこにオンラインカジノを運営する場所があるかもわからないわけですし、暴力団が還元率をお客さんに不利な設定をし、場所代を多めに取るようにしたら、そのオンラインカジノはすぐに潰れるでしょう。それでもマネーロンダリングの手法でオンラインカジノが不正に利用される可能性はゼロではありません。

銀行のシステムがハッキングされてしまえば、その危険性はあります。マネーロンダリングに対する資金の不透明な動きがあると見られそうな場合にはには、各国政府はその取締りを強化さるという動きが出ています。負けたとして申告しているお金は実際には裏取引きで使われた手数料、勝ったお金は綺麗なお金と主張できます。どうせ遊ぶなら、オンラインカジノのシステムにおいて何もやましいことなくスマートに遊びたいですね。こうした非合法な動きと関係なく、儲けられる安心できるオンラインカジノのシステムが安心して遊べるギャンブルになります。