安心なネットカジノについて

ネットカジノの安全性については誤解を招いている部分もあります。希にニュースなどで違法カジノ店の摘発や運営者の逮捕が話題になります。しかしそれは日本人が闇カジノ店を運営していたり、国内の店舗で客と金銭のやりとりを行なっていたことが原因です。日本の法律では国内でカジノ店を運営したり賭博行為はできませんので、摘発されたり逮捕されるのは当然のことです。合法的なサイトというのは各国政府が発行する運営許可書を取得して運営しています。運営許可書は非常に厳しい審査を経て発行されているものなので簡単には取得できません。運営許可書にも国によっては基準が緩いこともありますが、信頼できる運営許可書は主に先進国が領土としている国々で発行されたものです。遊ぶサイトを選ぶ時には、運営許可書がどこの国で発行されたかを知ることが安心感に繋がります。

しかし運営許可書を取得したからといって全てが終了するわけではありません。実はその後も定期的な監査を受け続けなければいけないのです。監査は政府機関や第三者監査会社によって行なわれており、運営状態やゲームの公平性や還元率などについて調べられています。それらの厳しい監査をクリアできればライセンスを維持できるのです。また使用されているソフトウェアにも同じように厳しい監査が実施されています。ネットカジノを選ぶ時には提携しているソフトウェア会社も確認しておくと良いでしょう。このように定期的な監査によって不正を防止しているため、プレイヤーは安心してネットカジノを楽しめるのです。
カジノVIPルームの賭け金はいくら?ハイローラーの利用方法条件」こちら見ていない方はチェック

ネットカジノが海外の運営許可書を所持して合法的に運営されているとしても、日本の法律の解釈については問題が出てきます。例えばパチンコやパチスロは三店方式での交換を行なうことでプレイヤーが賭博罪に違反しないようになっています。ネットカジノの場合は胴元を日本に置かないようにしているのでプレイヤーは賭博罪にはなりません。賭博罪は胴元とプレイヤーを同時に逮捕しなければ成立しません。プレイヤーだけを逮捕しても賭博罪は成立しませんし、ネットカジノの胴元は海外に存在して合法的に運営しているので賭博罪が適用できないのです。むしろ危険なネットカジノというのは、絶対に勝てないようになっている店や入金ができても出金ができないような店です。ネットカジノで遊ぶ時はそのような点を考慮していれば安心して楽しむことができるはずです。

カテゴリー: カジノ パーマリンク