オンラインカジノと治安悪化の関係について

オンラインカジノは治安悪化を改善する効果があります。現実にカジノを建設すると周辺地域の治安悪化が予想されます。しかしオンラインカジノはあくまでインターネット上に存在するものなので現実社会に治安悪化をもたらすことはありません。実際にカジノがある国や地域で現実の施設を閉鎖してオンライン化すれば治安悪化に歯止めをかけることができます。日本ではカジノ建設を認める法案について議論されています。実際にカジノが建設されれば雇用や税収が増える反面、周辺地域に治安悪化をもたらす可能性が存在します。現実のカジノよりもオンラインカジノの方が治安悪化をもたらさないので合理的です。日本国内では競馬や競輪、競艇など特別に認められた賭博行為だけが合法とされています。海外のオンラインカジノにアクセスすることについては明確な法規制がなくグレーゾーンです。
オンカジマニアブログの記事「オカダマニラベイリゾーツカジノホテル(フィリピン)」はこちら

日本からも多くのユーザーがアクセスしてゲームを楽しんでいます。一方2016年には千葉県でオンラインカジノのユーザーに決済サービスを行っている運営会社の運営者が逮捕されました。同時にユーザー数人も略式起訴されていますがそのうち何人かは争う姿勢を見せ、最終的には不起訴処分となっています。この事例では決済サービス会社の運営者が逮捕されましたが、国内で決済サービスを行っていたため実質的に賭博場を開帳したのと同様の状態にあったことが理由です。海外にあるサイトが世界中の人々を顧客とする場合には法的に問題ありませんが、日本人のみを顧客とする場合には違法と判断されます。

現在インターネット上に存在するオンラインカジノの多くは各国政府からライセンスを受けて活動しています。顧客も日本人だけではありません。イギリスやアイスランド、パナマ、フィリピンなど世界各国の政府ではユーザーがオンラインカジノで安全に遊べるようにライセンス制度を設けています。サイトがライセンスを受けるためには厳格な基準を満たし審査に合格する必要があります。さらに審査に合格しただけでなくライセンスを維持するには抜き打ち検査なども受けることが必要です。
各国政府からライセンスを受けているサイトでは十分な資金力や運営能力、公正にゲームを行う仕組みなどが厳格に審査されているので安全性が保証されます。日本国内から海外のオンラインカジノにアクセスすることについては法的な規制がないため合法として扱われています。厳格な審査を通ってライセンスを取得し海外に存在するサイトであれば、安心して遊ぶことができます。

カテゴリー: カジノ パーマリンク