オンラインカジノの利用で確定申告が必要な場合も

オンカジマニアブログ記事も一緒にどうぞ→オンラインカジノは儲かるの?!いちばん儲かりやすいのはスロット?!
オンラインカジノは法律の関係上、日本で運営することができないため、ほとんどの利用者は海外のサイトでギャンブルを楽しんでいます。しかし、海外のサイトであっても日本での税金徴収の対象となり、これはランドカジノも同様です。オンラインカジノで得た配当金は「一時所得」に分類され、労働や資産譲渡で得たわけではない収益と考えられます。日本における公営ギャンブルの配当金、生命保険の一時金なども一時所得に当てはまります。一時所得は、その年の1月1日から12月31日までの収入を自分自身で確定申告し、きちんと税金を納める必要があるので注意しましょう。

計算方法は「総収入額」から「収入のために支出した金額」と「特別控除額」を引いた金額になります。特別控除額の金額は最大50万円ですので、1年間の一時所得が50万に満たないばあいは控除を受けて所得額は0円の計算になります。そのため、一時所得の総収入額が50万円以下なら、確定申告の必要がありません。オンラインカジノは海外にあるため、入金や出金に銀行を利用することになります。銀行をお金が移動すると証拠が残るので、確定申告を怠った場合はのちに督促状が送られてきたり、払う必要があった金額に延滞税がかけられ結果的に損をする可能性があります。

カテゴリー: カジノ パーマリンク