オンラインカジノも税金を支払う義務はあるのか

日本国内で何かしらの収入を得た場合、それに対して課税されるケースが大半です。仕事の給料だけでなく、競馬や競輪などで勝ったり、懸賞や賞金を受け取ったり、あるいはFXや不動産投資などで収益を得た際にも、一定額以上であれば納税をする義務が発生します。では、オンラインカジノで獲得したお金に関しても、同じように税金を支払う義務があるのでしょうか。これに関しても、やはり一定以上の配当を得たのであれば、やはり納税することが求められます。もし1年間で50万円を上回る利益をオンラインカジノで得た場合には、税金を支払う義務が生じるため確定申告をしなければなりません。
初心者でもわかるオンラインカジノの記事もチャック→セブカジノホテルランキングと比較・評判

計算方法としては、払い戻された金額から使った金額を差し引き、それがプラスであれば利益という形になります。それが1年間で50万円を超えた際に課税対象となります。ただ、当然ながらオンラインカジノを長くプレイしていれば、プラスになることもあればマイナスになることもあります。しかし、もしマイナスだった場合でも、その損失を利益から差し引くことができないため、そこに注意しなければなりません。極端な話、最初に100万円勝って、その後10万円負けを10回繰り返した場合、トータルの収支はプラマイゼロであっても、利益は100万円という扱いになり税金を払う必要があります。

カテゴリー: カジノ パーマリンク