オンラインカジノの法律上の位置づけ

現在の日本の法律では、競馬やパチンコ、宝くじなど国が認めた種類以外のギャンブルを遊ぶことは違法となります。しかし、日本からゲームを楽しんでいるプレイヤーが多数いるオンラインカジノでは、裁判にまで発展したケースは見られません。オンラインカジノは現在のところ、明確に違法と判断する法律が存在しないため、グレーゾーンに位置すると考えられています。基本的に賭博法では、プレイヤーを有罪にするためには運営側も同じく有罪にする必要がある、という考え方があります。しかし、海外でその国の許可を得て運営されているオンラインカジノは、あくまでその国においては合法のため、日本の法律で裁くのが困難です。運営側を取り締まり裁くことができない以上、プレイヤー側のみを有罪にするのは難しいのが現状です。

実際に、現在まで日本においては過去に運営側を有罪とした判例はなく、今なおオンラインカジノは法律のグレーゾーン状にあります。もっとも、あくまで海外で合法に運営されている場合に限りますので、日本国内で運営されているサイトで遊ぶと違法と判断されます。これらの状況は、法整備によっては合法・違法それぞれはっきりと判断が行われる状況に変化することも十分に考えられるので、遊ぶのは自己の責任のもとに行いましょう。

カテゴリー: カジノ パーマリンク