オンラインカジノの存在と今後の日本国内での展開

カジノ法案が成立したことで、日本国内でも公営ギャンブル以外の賭け事が解禁されることになりました。現在日本で可能なものは、公営ギャンブルを除く民間レベルではパチンコやパチスロのほか、オンラインカジノもプレイできる賭け事の一つです。将来的には国内に大型の施設ができ、プレイも可能となります。パチンコやパチスロは本来は違法ですが、三店方式を用いることで現金では無く景品と交換しています。最終的にはその景品を現金で買い取ってもらいますから、直接的な現金のやり取りは無いものの限りなくグレーです。

一方オンラインカジノの多くは海外で運営され、日本国内からはインターネットを通じてプレイします。海外のオンラインカジノは、それぞれの国で法律的に認められているものがほとんどですから、いかがわしいものではありません。問題となるのは各国で正式な認可が下りていない業者が運営するものや、日本国内で運営してる場合ですが、海外の業者に関しては法律が異なる場合もあるため判断は難しくなります。ただし海外の業者が運営する場合、ユーザーが処罰された例は過去に一度もありません。一方で国内の業者が運営している場合は、刑事罰の対象となる可能性があるためユーザーも注意が必要です。

カテゴリー: カジノ パーマリンク